水道の修理でレバーをチェックする

家の中で水道の修理が必要な場所はいくつかあります。一番水漏れが起こりやすいのは、蛇口付近でしょう。最近はレバータイプのものが増えていますが、使われている部品が劣化して水が漏れることがあります。

■シングルレバータイプの仕組み

キッチンによく使われるのは、シングルレバータイプです。これはお湯と水が同じ蛇口から出てくるタイプです。レバーを上に引き上げたり、横に傾けたりすることで水が出てきます。キッチンの蛇口は毎日利用しているものなので、どうしてもレバーが消耗して、戻りにくくなるなどの不具合がでてきます。
洗面所などに使われるレバーハンドルタイプの蛇口は、ハンドル部を右に回すと水が出てきて、左に回すと止まります。

■修理方法を検討する

修理や交換を行う場合、蛇口の型番やメーカー名、品番などをチェックした上で同じ製品を探す必要があります。
レバー部分のみを交換のであれば同じ品番のものが販売されているかチェックします。メーカーによっては部品だけの小売はしていないということもあり得ます。その場合は、新しいタイプでどれが代替品になるのか、ホームページなどに記載されている情報を確認するようにしましょう。
水道の修理を依頼するときは、状況の詳細を伝えて、あらかじめ交換可能なパーツを持ってきてもらうようにします。ハンドルタイプのものを使っているけれど、レバータイプに変更したいという希望がある場合は、交換できるかどうか確認してみても良いでしょう。

■まとめ
水漏れがある場合は、レバー部分のどこに原因があるのか見極めなければなりません。交換する場合は、たとえ部品のみの交換であっても現在使用しているタイプ、メーカーや品番を確認しましょう。間違ったものを使用すると、更なるトラブルを招きかねません。蛇口を10年以上利用しているなら、メーカーの生産が終了していることが多いので、良い機会と捉えて全体の交換を考えても良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ