水道の修理で蛇口を交換する

水道の修理で最も多いのは蛇口などであり、気づかない間に静かに水漏れが起こっていることがあります。蛇口が緩んできてしっかり閉まらなくなってきたら、修理が必要なサインです。どこから水漏れしているのかを確認し、必要な修理を行いましょう。

■水栓タイプをチェックする

蛇口の修理を行う場合は、蛇口の種類や取付方法などを確認しておかなければなりません。普段使っている時にはあまり意識しないものですが、修理の際は全体を取り外し、消耗している部品を新しいものに付け替える必要があるためです。
水栓には、2つのタイプがあります。ひとつ目である単水栓は、水もしくはお湯のみが出てくる仕様であり、蛇口を取り付けている穴はひとつです。もう一つは混合栓と言い、水とお湯の両方が1つの蛇口から出てくる仕様となっています。取り付け穴が一つのものと二つのタイプがありますが、これを間違えてしまうと蛇口を取り付けることができないので確認が必要です。現在はほとんどの家で混合栓タイプのものが使われています。

■修理の前に確認する

部品交換だけなら自分で対応できる人も少なくありません。蛇口全体を交換する場合は、水道業者に依頼した方が良いでしょう。その場合は、水道 評判のよい業者を選ぶ必要があります。
多くの業者がホームページを公開しているので、内容をチェックするようにしましょう。実績例や、お客様の声が掲載されている場合は参考になります。修理が必要なときに、すぐに来てくれるかどうかは大切なポイントのひとつです。
市町村のホームページにも、水道修理ができる業者の電話番号などが掲載されています。

■まとめ
水道の蛇口付近で水漏れが起こっているなら、頻度や量などをまずはチェックしましょう。使用している蛇口のタイプを確認し、交換が必要かどうかを見極めます。業者を選択する場合は、ホームページはもちろん、近所の人の意見なども取り入れつつ、水道 評判の良い業者を選んで納得のいく修理をしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ